PAGE TOP

リスクに関して

FXトレードにおける様々なリスクに関して

FXトレードをする際には様々なリスクがあります。
こちらでは一般的にありえるリスクに関してを記載しておりますが
すべてのリスクを網羅したものではありません。
人間の心理状態もリスクの一つに含めてもいいかと思うほどです。
下記内容も含めユーザー様には一段の心構えで取引をしてもらえれば幸いです。

=========== 為替変動リスク ===========
外国為替市場では、24時間常に為替レートが変動しております。
為替レートの変動は各国の経済、社会情勢等により
急激な変動となることがあります。
為替レートの変動が、お客様の予想と一致しなかった場合には
為替差損が発生します。
また、その損失はお客様が証券会社に預託した証拠金額以上になる
可能性があります。
=========== 流動性リスク ===========
外国為替市場には値幅制限がありません。
よって、特別な通貨管理が行われていない日本円を含む主要国通貨の場合、
通常高い流動性を示しています。
しかし、主要国での祝日やマーケットクローズ間際・週明けの
マーケットオープンにおける取引、あるいは普段から流動性の低い通貨での
お取引は証券会社の通常の営業時間帯であってもマーケットの状況によっては
レートの提示が困難になる場合もあります。
また、天変地異、戦争、政変、為替管理政策の変更、ストライキ等の
特殊な状況下で特定の通貨のお取引が困難、または不可能となる恐れもあります。 こうした状況下では、取引が一定期間不可能となる可能性があります。
=========== 金利変動リスク ===========
FXは、通貨の取引に加え当該通貨の金利の交換も行なわれ、
日々スワップポイントが発生します。
スワップポイントは、各国の景気や政策等の様々な要因による
金利情勢を反映した市場金利の変化に応じて日々変化します。
そのため、その時々の金利水準によってスワップポイントの受取または
支払いの金額が変動したり、場合によっては受払いの方向が
逆転する可能性もあります。
また、これに伴い追加の資金が必要となることやロスカット値が
近くなる可能性もあります。
=========== レバレッジによるリスク ===========
FXは、レバレッジにより比較的少額の証拠金を差し入れることで
証拠金の何倍もの大きな元本金額の外国為替取引が可能となっています。
このため、少額の証拠金によりわずかな為替レートの変動で
大きな利益を得ることが可能ですが、反対に証拠金を超える大きな損失を
被る可能性もあります。
=========== 信用リスク ===========
FXは、お客様と証券会社との相対取引であり取引所取引ではありません。
このため、証券会社の信用状況によってはお客様が損失を被る可能性があります。
また、証券会社はお客様からの注文をインターバンク市場にて
カバー取引を行っています。
このため、カバー先の信用状況等により、お客様が損失を被る可能性、
あるいはカバー先において証券会社がカバー取引を行えなかった場合には、
お客様の取引も不可能になる可能性があります。
さらに、その際に相場が急激に変動した場合には、
ロスカットルールがあっても証拠金の額を上回る損失が生じる可能性があります。
=========== スリッページリスク ===========
成行注文または逆指値注文では、外国為替レートの変動により注文価格と約定価格にずれ(スリッページ)が発生し実際の約定価格が取引画面の提示レート、またはお客様の指定した外国為替レートとは同一にならない場合があります。 特に大きな数量の注文の場合、証券会社のカバー取引の実現性により不利なレートで約定する可能性が高くなるとともに取引自体が未約定となる可能性があります。
=========== ロスカットに関するリスク ===========
余剰金額が0になった時点、又は0を割り込んだ時点で、
お客様の保有する建玉は全て決済されます。
この措置はお客様が証券会社に預け入れた資金以上の損失を
被ることから回避するためのものですが、外国為替相場の状況により、
設定された為替レートよりもお客様に不利なレートで約定されることがあり
(スリッページの発生)お客様の意図しない損失が発生する可能性があります。
その場合、お客様が預け入れた資金以上の損失が発生する場合があります。
======= 電子(オンライン)取引に関するリスク =======
電子(オンライン)取引の場合、注文の受付に人手を介さないため、
お客様が売買注文の入力を誤った場合、
意図しない注文が約定する可能性があります。
また、証券会社またはお客様の通信機器、通信回線、システム機器等の
故障・障害等により、一時的または一定期間に亘って取引ができない可能性、
あるいはお客様の注文が遅延する可能性があります。
更に電子(オンライン)取引では、電子認証に用いられる
ログインID・パスワード等の情報が、窃盗・盗聴等により洩れた場合、
その情報を第三者が悪用することで
お客様に何らかの損失が発生する可能性があります。
=========== その他のリスク ===========
FXに係る税制および関連法規の変更等により、お客様が従来行っている
取引条件よりも不利な条件でのお取引となる可能性があります。

上記に記載したリスクは、FXに伴う一般的なリスクであり、
取引で生じるすべてのリスクを網羅したものではありません。